指名手配中
テロリストに裁きを下すための情報を求めています

ズルカルナイン

最高 5 0 0万ドルまでの報奨金

ズルカルナインは実名はアリス・スマルソノで、仲間の過激派からはダウドと呼ばれています。米国およびインドネシア政府当局者は、タイにおいて彼の前任者とされるリドゥアン・イサムディン、別名ハムバリが逮捕された後、ズルカルナインがジェマー・イスラミヤ(JI)の作戦部長になったと述べました。ズルカルナインを知っている人達は彼のことを口数の少ない小男だといいます.

ズルカルナインは東南アジアのテロ組織ジェマー・イスラミヤの最高指導者である 可能性があるとされてきました。彼は、2003年に12人を殺害したジャカルタのマリオット・ホテルでの自爆テロを実行するのを助け、2002年にバリで202人を殺害した爆弾を準備するのを助けたエリート部隊を指揮していると考えられています.

ズルカルナインは東南アジアにおけるアルカイダの中心人物の1人であり、アルカイダ・テロ・ネットワークと直接接触のあるインドネシアでの数人の1人です。ズルカルナインはインドネシアの大学で生物学の学位を取得し、1980年代には破壊工作の専門家になる訓練のためにアフガニスタンに渡航した最初のインドネシア過激派の1人でした。ズルカルナインは現在、ラシュカル・コスあるいは「特殊部隊」と呼ばれる過激派部隊を指揮しており、その要員はアフガニスタンとフィリピンで訓練を受けた約300人のインドネシア人の中から採用されました.

ズルカルナインは、JI創始者で、ズルカルナインや他の上級の過激派が学んだイスラム教寄宿制学校アル・ムクミンの創設者であるアブドゥラ・スンカールの弟子でした。1980年代半ばに、スンカールはムジャヒディーンの司令官アブダル・ラスル・サヤフが指揮するキャンプで訓練を受けるために、インドネシア人の小集団をアフガニスタンに送り込みました。1999年にスンカールが死亡する前、ズルカルナインは恩師の傍らにいて会議の招集や高齢の過激派の日程作成の手伝いをしているところが頻繁に見受けられました.

ズルカルナインは1990年代にマルク諸島での戦闘の組織を助け、別の時期にアフガニスタンで訓練を受けた過激派の会合を手配して彼らが戦闘部隊に加わることができるようにしたと考えられています.