指名手配中
テロリストに裁きを下すための情報を求めています

ゼリン・サリ

最高 3 0 0万ドルまでの報奨金

ゼリン・サリ(Zerrin Sari)は、革命人民解放党/戦線(トルコ語:Devrimci Halk Kurtuluş Partisi Cephesi, または DHKP/C)の主要リーダーです。DHKP/Cは、前任の革命的左派またはデブ・ソル(Devrimci Sol or Dev Sol)、が1994年に分派し設立されて以来、米兵や米外交官、また政府関係施設を含む米国権益を標的にしてきました。彼らの目的は、米国とNATO(北大西洋条約機構)の著しい影響をトルコから滅ぼし、社会主義国家を築くことにあります。2013年2月、グループの一員である自爆犯がアンカラの米大使館を攻撃し、トルコ人警備員が殺害されました。1997年、米国務省はDHKP/Cを外国テロ組織に指定し、2013年7月24日には再検討が行われこの指定が継続されました。

1993年にトルコから逃亡するまでの1990年代、ゼリン・サリ(Zerrin Sari)はデブ・ソル(Dev Sol)の弁護士として尽力を注ぎました。DHKP/Cグループ設立指導者、ドルスン・カラタッシュ(Dursun Karatas)と結婚し、共にヨーロッパにおけるDHKP/Cの活動を計画していました。1999年、ベルギーで裁判にかけられ、しばらくのあいだ刑務所で過ごした後、カラタッシュ(Karatas)が癌で死亡した2008年に出所しました。DHKP/Cの影の指導者だと言われ、2013年9月20日に発生したトルコ警察本部への攻撃、またアンカラにある警察官集合住宅の攻撃を指示したと考えられています。ムサ・アソグル(Musa Asoglu)と共に、2013年3月に起きたアンカラのトルコ法務省と公正発展党(the Justice and Development Party)本部に対する攻撃にも関与していると考えられています。

ムサ・アソグル(Musa Asoglu)とゼリン・サリ(Zerrin Sari)、セハ・デミル・セン(Seher Demir Sen)は、革命人民解放党/戦線(トルコ語:Devrimci Halk Kurtuluş Partisi Cephesi, または DHKP/C)の主要リーダーです。

追加写真

追加写真 ゼリン・サリ(Zerrin Sari)
追加写真 ゼリン・サリ(Zerrin Sari)