テロ行為
に関する情報

世界貿易センター爆破事件

ニューヨーク市| 1993年2月26日

1993年2月26日、ニューヨーク市の世界貿易センターのタワー・ワンの下でトラック爆弾が爆発しました。1500ポンドの爆弾起爆の意図は、タワー・ワンをタワー・ツーの方に倒して両方のタワーを破壊し、その過程で何千人もの人々を殺害することでした。爆発はいずれのタワーも破壊するには至りませんでしたが、6人を死亡させ、1000人以上を負傷させ、何億ドルもの損害をもたらしました.

その攻撃は、アブドル・ラフマン・ヤシン、ラムジ・ユセフ他数人を含むアルカイダ関係者のグループにより計画されました。この作戦に対する資金はラムジ・ユセフのおじでアルカイダ幹部のカリド・シェイク・モハメッドから提供されました。この攻撃に関係した者のうち、首謀者のラムジ・ユセフを含む6人が有罪判決を受けました.

司法のための報奨プログラムは、この攻撃の首謀者を法の裁きにかける情報に対して最高500万ドルまでの報奨金を提供します.