テロ行為
容疑者発見につながる情報を求めています

USOクラブ爆破事件

イタリア、ナポリ | 1988年4月14日

1988年4月14日、イタリアのナポリにあるUSOクラブの前で自動車爆弾が爆発しました。この爆発で、米軍女性兵士1人を含む5人が死亡し、4人の米軍兵士を含む15人が負傷しました。1993年4月9日、日本赤軍(JRA)要員の奥平純三が、ナポリの爆破テロ容疑により米国で起訴されました。奥平はローマの米大使館に対する1987年6月の自動車爆弾攻撃、砲撃の容疑者でもあります.

JRAは1970年代に、共産主義者同盟赤軍派から分派して組織されました。その最盛期には、組織は40人の人員を擁し、世界で最も武装した左翼集団と考えられていました。1970年代に、JRAは、1972年イスラエルのロッド空港虐殺事件、日本の旅客機2機のハイジャック、クアラルンプールの米大使館占拠未遂事件を含め、世界中で一連の攻撃を実行しました.

JRAの歴史的目標は、日本政府と天皇制の転覆でした。しかしグループの指導者は2000年に逮捕され、翌年にはグループは解散計画を発表しました。組織のパレスチナ・テロ組織との緊密な関係の歴史のゆえに、JRAの権力構造は中東に移ったと考えられています.

司法のための報奨プログラムは、この攻撃の首謀者を法の裁きにかける情報に対して最高500万ドルまでの報奨金を提供します.