テロ行為
に関する情報

米大使館への攻撃

ギリシャ、アテネ | 2007年1月12日 

2007年1月12日、携行ロケット弾がアテネの米大使館を直撃しました。犯行声明を出したグループ、「革命闘争」はギリシャのテロ組織「11月17日」の分派組織と考えられています.

「11月17日」は1970年代に、銃撃、ロケット弾攻撃、自動車爆弾など数多くのテロ攻撃に関与しました。そのテロ・キャンペーンの結果、リチャード・ウェルチ、ジョージ・ツァンテス、ウィリアム・ノーディーン、ロナルド・スチュワートという4人の米国人が死亡しました.

司法のための報奨プログラムは、この攻撃の首謀者を法の裁きにかける為の 情報に対して最高100万ドルまでの報奨金を提供します.