成功例

ウダイ・フセイン

死亡

ウダイ・フセインは、サダムの最初の結婚から生まれた2人の息子のうちの兄の方であり、残忍な精神異常行動で悪名が知られていました。イラク・オリンピック委員会の委員長として、彼は自分が望むような成績をあげなかった運動選手の拷問を命令しました。彼は個人的に、自分の2人の義兄弟の暗殺に関与しました.

2003年7月23日、情報提供者からの情報でウダイ、クサイ・フセインの居場所が特定されました。第101空挺師団からの支援を得て、タスクフォース20がこの者達を捕縛する作戦を実施しました。4時間にわたる銃撃戦があり、その結果ウダイ、クサイ・フセイン兄弟は死亡しました.

司法のための報奨プログラムはウダイ、クサイ・フセインの居場所を突き止めることになった情報に対して報奨を出しました.