テロ行為
に関する情報

TWA847便ハイジャック事件

 レバノン、ベイルート | 1985年6月14日

1985年6月14日、ヒズボラに関係するテロリストが、ギリシャのアテネからイタリアのローマに飛行中のTWA847便をハイジャックしました。テロリストは最初、レバノンのベイルートに航路を変更し、そこで燃料と引き換えに数人の乗客が解放されました。航空機はそれからアルジェリアのアルジェに向けて出発し、そこでさらに乗客が開放された後、ベイルートに帰還しました.

ベイルートで、テロリストは米海軍潜水夫ロバート・ステッセムに目を付けました。テロリストはステッセムを殴り射殺し、その死体を滑走路に遺棄しました。ベイルートでは、航空機がアルジェーに戻る前に新たに12人の武装した男達が機内に乗り込み、アルジェリアでは65人の乗客が追加に解放されました.

最終的に、旅客便は再びベイルートに戻り、そこに6月30日まで留まって、そこから残りの乗客は車でシリアまで運ばれました。シリアでは、彼らは米空軍機に乗り、西ドイツまで飛行しました。この攻撃に関与したテロリストは、アリ・アトワ、ハッサン・イザルディン、モハメッド・アリ・ハマデイやその他数人です.

司法のための報奨プログラムは、この攻撃の首謀者を法の裁きにかける情報に対して最高500万ドルまでの報奨金を提供します.