テロ行為
に関する情報

TWA840便爆破事件

 ギリシャ | 1986年4月2日

1986年4月2日、爆弾がイタリアのローマからギリシャのアテネまで飛行中のTWA840便機内で爆発しました。この爆発で4人の米国市民が航空機からはじき出され、その誰も生存できませんでした。この4人の被害者には、9ヶ月の幼児とその母親が含まれていました。爆破で他に5人が負傷、この主な原因は旅客機の急速な減圧でした。残りの110人の乗客は攻撃で重傷を負うことなく生還しました.

司法のための報奨プログラムは、これらの攻撃の首謀者を法の裁きにかける為の 情報に対して最高500万ドルまでの報奨金を提供します.