テロ行為
に関する情報

組織の壊滅化 石油と遺物売買で利潤を得ているイラク・レバントのイスラム国 (ISIL)

司法省の懸賞金制度では、イスラム国、またはアラビア語の頭文字ダーイッシュ(DAESH)で知られるテロリスト集団、またはこの集団のために、石油ならびに歴史的遺物の販売、商取引において著しい混乱を引き起こした事実に繋がる情報の提供に、最高で500万ドルの報酬を用意しています。

イスラム国(ISIL)のようなテロリスト集団は活動の継続と攻撃行動を資金調達とサポートネットワークに頼っています。イスラム国の行っている不法な石油事業とシリアとイラクから横領、略奪した考古学的遺物の販売取引は主要な歳入源であり、交換が容易な外貨で何百万ドルもの収入を生み出し、残忍な戦略と市民への迫害の遂行を手助けするものとなっています。当組織による破壊、略奪行為により、イラク、シリアの文化的、歴史的地域では、かけがえのない古代の生活と社会形成の物証が破壊されました。ISIL(イスラム国)はシリア、イラク地方で古代の、または歴史的価値を持つ貨幣(コイン)、宝飾品、彫刻細工が施された宝石、飾り額、彫像、器物、楔形文字の粘土板等の文化遺産を探し求めています。国際博物館会議(ICOM)は、米国務省の支援により文化遺産の緊急レッドリストを作成しており、シリアとイラクから不法に略奪され取引されている種類の物品を網羅したリストを公開しています。リストの閲覧は http://icom.museum/resources/red-lists-database/red-list/syria/http://icom.museum/resources/red-lists-database/red-list/iraq-2015/ のリンクをクリックしてください。

米国務省ではイスラム国の資金調達対策として、この報酬に対しISILの利益に繋がる石油、考古学的遺物の生産、便宜化、加工、密輸、流通、販売、取引を行っている個人、または組織の存在、ならびにこれらの活動を支えている密輸ネットワーク、組織的手段、ルートに関する情報が集まることを期待し、お待ちしています。

http://eca.state.gov/video/conflict-antiquities-panel-1-video

http://eca.state.gov/video/conflict-antiquities-panel-2-video

遺物

遺物の写真
遺物の写真
遺物の写真
遺物の写真
遺物の写真
遺物の写真