成功例

トーティン・クラフト・ハンノ

有罪判決済み

トーティング・クラフト・ハンノは2001年5月のドスパルマス誘拐事件に加担したアブサヤフ・グループの要員です.

2001年5月27日、ASGはフィリピンのパラワンのドス・パルマス・リゾートから3人の米国市民を誘拐しました。3人の米国人は、ギレルモ・ソベロと米黒人宣教師夫婦マーチン、グラシア・バーンハムであることが確認されました。2001年6月11日に、ASGのスポークスマンであるアブ・サバヤが、フィリピンのグローリア・マカパガル・アロヨ大統領のための「誕生日のプレゼント」としてギレルモ・ソベロを処刑したと公言しました。2001年10月7日にバシラン島から人間の頭蓋骨が回収され、それはギレルモ・ソベロのものだと確認されました。2002年6月、マーチン・バーンハムがフィリピン軍兵士とASGの間の銃撃戦で死亡しました。グラシア・バーンハムは負傷しましたが、救出され、米国に帰還しました.

2005年1月6日のハンノ逮捕につながる情報に対して10万ドルの報奨金が支払われました.