テロ行為
に関する情報

ケビン・スコット・ステイの誘拐事件

コロンビア、エルトレルノ | 2013年6月20日

2013年6月20日、アメリカ人、ケビン・スコット・ステイ氏がコロンビアのエルレトルノ自治区にあるコロンビア革命軍(FARC)によって拉致誘拐された。ステイ氏は元軍人であり、一旅行者として中央、南アメリカの国々を経由するトレッキング中のできごとだった。

2013年7月19日、コロンビア革命軍は、この誘拐は彼らによるものであると公表し、誠意をもってステイ氏を解放すると告知した。しかしながら、2013年10月27日までステイ氏の開放はなく、人質の返還はグアビアーレ県内で、コロンビア、キューバ、ノルウェイ政府代表者と赤十字国際委員会員の立ち会いのもとに行われた。ステイ氏はそこからコロンビアのボゴタで待機する米国政府官僚に引き渡され、飛行機により帰国の途についた。

司法のための報奨プログラムでは、この襲撃の責任者の逮捕に繋がる情報提供者に最高で3ミリオンドル(3億円)の謝礼金を用意している。