テロ行為
に関する情報

世界貿易センターおよび国防総省への攻撃

および国防総省への攻撃 | 2001年9月11日

2001年9月11日朝、アルカイダ・テロ組織に関係する19人のテロリストが商業旅客機4機をハイジャックしました。この旅客機は、米国東部の3つの空港から離陸し、全機カリフォルニアに向けて飛行中でした.

最初の2機はボストンのローガン国際空港を離陸後、ハイジャックされ、ニューヨーク市の世界貿易センターの中心のタワーに突入しました。この航空機の衝撃と燃えるジェット燃料が生み出す火炎はタワーを構造的に破損し、タワーは崩壊するに至りました.

3番目の旅客機はダレス国際空港を離陸後、ハイジャックされ、世界貿易センターに2度目の激突があってから丁度半時間後にペンタゴンに突入しました。この攻撃は巨大な建物構造の一部を激しく破損し、旅客機の乗客全員と建物内にいた125人が死亡しました.

4番目の旅客機はニューアーク国際空港を離陸、おそらく米連邦議会議事堂かホワイトハウスに向かっていたと思われます。しかし機内の乗客が旅客機の支配権をめぐってテロリストと争いました。この勇敢な市民のおかげで、テロリストは目的を達成できず、旅客機はペンシルバニア州シャンクスビル付近で墜落し、乗っていた40人全員が死亡しました.

2001年9月11日のテロ攻撃は、世界中のさまざまな国の市民2998人を殺害しました。アルカイダ・テロ組織がこれらの攻撃の計画立案、実行に対して犯行声明を出し、今は故人となったその指導者ウサマ・ビンラディンは攻撃後のビデオ・メッセージで犯行を認めました。この攻撃は外国勢力による米国攻撃としては、1941年の真珠湾攻撃以降最も壊滅的なものでした.

司法のための報奨プログラムは、これらの攻撃の首謀者を法の裁きにかける為の 情報に対して最高2500万ドルまでの報奨金を提供します.