指名手配中
テロリストに裁きを下すための情報を求めています

セハ・デミル・セン

最高 3 0 0万ドルまでの報奨金

セハ・デミル・セン(Seher Demir Sen)は、革命人民解放党/戦線(トルコ語:Devrimci Halk Kurtuluş Partisi Cephesi, または DHKP/C)の主要リーダーです。DHKP/Cは、前任の革命的左派またはデブ・ソル(Devrimci Sol or Dev Sol)、が1994年に分派し設立されて以来、米兵や米外交官、また政府関係施設を含む米国権益を標的にしてきました。彼らの目的は、米国とNATO(北大西洋条約機構)の著しい影響をトルコから滅ぼし、社会主義国家を築くことです。2013年2月、グループの一員である自爆犯がアンカラの米大使館を攻撃し、トルコ人警備員が殺害されました。1997年、米国務省はDHKP/Cを外国テロ組織に指定し、2013年7月24日には再検討が行われこの指定が継続されました。

1980年、セン(Sen)はデブ・ソル(Dev Sol)に加わり、1994年までデブ・ソル(Dev Sol)の活動に参加していましたが、そののちDHKP/Cに加入しギリシャで指導者の地位にまで達しました。 DHKP/C アテネ支部長を務めていたと見られています。グループの最高意思決集団であるDHKP/C中央委員会のメンバーです。

ムサ・アソグル(Musa Asoglu)とゼリン・サリ(Zerrin Sari)、セハ・デミル・セン(Seher Demir Sen)は、革命人民解放党/戦線(トルコ語:Devrimci Halk Kurtuluş Partisi Cephesi, または DHKP/C)の主要リーダーです。

追加写真

セハ・デミル・セン