指名手配中
テロリストに裁きを下すための情報を求めています

Salman Raoul Salman(サルマン・ラウル・サルマン)

最高 7 0 0万ドルまでの報奨金

サルマン・ラウル・サルマンは、ヒズボラの西半球地域 におけるテロ活動の指示・支援を行っています。ヒズボラの国外守備組織(ESO)のリーダーであるサルマンは、世界中の陰謀にも関わっています。ESOは、レバノン国外でテロの計画、手配、実行をつかさどっているヒズボラの構成組織です。テロは主にイスラエル人とアメリカ人をターゲットにしています。

サルマンが関わった陰謀には、アルゼンチン・イスラエル相互協会(AMIA)文化センターの爆破事件があります。1994年7月18日、ヒズボラはブエノスアイレスにあるAMIA文化センター屋外で爆破装置を搭載した車両を爆発させ、85人の犠牲者が出ました。サルマンは、このテロ活動現場の調整作業に携わっていたとみられています。

米国財務省は2019年7月19日、ヒズボラのテロ活動支援を指名根拠とする行政命令13224に基き、重要指名手配グローバルテロリストとしてサルマンを指名手配しました。

追加写真

Salman Raoul Salman(サルマン・ラウル・サルマン)
Salman Raouf Salman - English
Salman Raouf Salman - Arabic
Salman Raouf Salman - French
Salman Raouf Salman - Portuguese
Salman Raouf Salman - Spanish