テロ行為
に関する情報

住宅施設爆破事件

サウジアラビア、リヤド | 2003年5月12日

2003年5月12日、サウジアラビアのリヤドで、4台の自動車爆弾が3ヵ所の住宅施設で爆発しました。標的になった場所は、多数の西洋人、とりわけ米国や英国市民を雇用し、居住させていました。要約すると、攻撃では8人の米国人を含む20人以上が殺害され、200人近い人が負傷させられました。この攻撃はアルカイダにより組織され、指揮されました.

司法のための報奨プログラムは、これらの攻撃の首謀者を法の裁きにかける為の 情報に対して最高500万ドルまでの報奨金を提供します.