指名手配中
テロリストに裁きを下すための情報を求めています

カシム・アル=リミ

最高 1 0 0 0万ドルまでの報奨金

カシム・アル=リミは、アルカイダ最高指導者アイマン・アル=ザワヒリへの忠誠を表明直後、2015年6月にAQAPの最高指導者となり、新しい米国への攻撃を呼び掛けた。アル=リミは1990年代アフガニスタンのアルカイダ・キャンプでテロリストを養成した。その後イエメンに帰国し、AQAP軍司令官となる。2005年、駐イエメン米国大使の暗殺を計画したことでイエメンにて禁固5年の実刑判決を受け服役したが、2006年に脱獄した。アル=リミは、2008年9月の在サヌア米国大使館襲撃に関与しており、同襲撃ではイエメン人守衛10人、一般市民4人、テロリスト6人が亡くなった。また、2009年12月、米国行きの便で発生した「下着爆弾犯」ウマル・ファルーク・アブドルムタラブによる爆破テロ未遂事件にも関与している。2009年、イエメン政府は、イエメン・アビヤン州にてアルカイダのトレーニングキャンプを運営していることに対して、アル=リミを告発した。

2017年5月7日のビデオでは、西洋諸国に住む支持者らに、「簡単かつ簡潔な」攻撃を実行するよう呼び掛けた。また、2016年6月にフロリダ・オーランド州のナイトクラブで銃乱射により49人を殺害したオマル・マティーンを称賛した。

2010年5月、米国国務省は、執行命令13224のもと、アル=リミを特別指定国際テロリストに指定した。2010年5月、アル=リミは、国際連合 (UN) 1267制裁委員会による、アルカイダ/ISILに関連のある個人の統合リストに追加された。2014年10月14日には、アル=リミに対して当初500万ドルの報奨金をかけることが発表された。

追加写真

カシム・アル=リミ
al-Rimi and Batarfi English PDF
al-Rimi and Batarfi Arabic PDF
AQAP English PDF
AQAP Arabic PDF