テロ行為
に関する情報

海兵隊兵舎爆破事件

レバノン | 1983年10月23日

1983年10月23日、レバノンの多国籍軍の米仏軍兵士の居住施設でトラック爆弾が爆発しました。その攻撃で、241人の米海兵隊員を含む何百人もの兵士が殺害されました。多国籍軍は国際平和維持活動の一環としてレバノンに駐留していました。ヒズボラがこの攻撃を画策し、イランからの支援と資金提供により実行に移したと考えられています.

司法のための報奨プログラムは、これらの攻撃の首謀者を法の裁きにかける為の 情報に対して最高500万ドルまでの報奨金を提供します.