テロ行為
に関する情報

郵便爆弾事件

1996年12月から1997年1月まで

1996年12月から1997年1月までの間に、祝日の挨拶のカードを装った16通の郵便爆弾が郵便を通して米国、英国の受取人に配達されました.

これらの郵便爆弾のうち13通は、アル・ハヤット新聞のニューヨーク市、ワシントンDC、ロンドンの事務所で受け取られました。1通の爆弾がロンドンで爆発し、2人の罪のない人が重傷を負いました。他の3通の郵便爆弾は米国のカンザス州レブンワースで発見されました.

郵便爆弾は1996年12月21日付のエジプトのアレクサンドリアの消印になっており、どれも返送先の住所は記載されていませんでした。爆弾は無地の白封筒で、コンピュータから作成された住所とさまざまなマークがついていました.

司法のための報奨プログラムは、これらの攻撃の首謀者を法の裁きにかける為の 情報に対して最高500万ドルまでの報奨金を提供します.

追加写真

郵便爆弾事件