テロ行為
に関する情報

誘拐および殺人

 レバノン | 1985年から1989年

ヒズボラ関連のテロリストによって行われた10年間にわたるレバノン人質危機の一部として、数多くの誘拐、殺人が行われました。この人質危機は1982年から1992年まで続きました.

1984年3月16日、テロリストがベイルートのCIA支部長ウィリアム・バックリーを誘拐しました。バックリーは死亡日と推定される日までの15ヶ月間にわたって尋問、拷問を受け、拘束されていました.

1984年12月3日、ベイルート・アメリカン大学の図書館長ピーター・キルバーンの行方不明が報じられました。16ヶ月後、彼と他2名の人質が射殺され、その死体がベイルートの東の山に遺棄されました.

1988年2月17日、テロリストが国連平和維持軍車両に乗っていたウィリアム・ヒギンズ大佐を誘拐しました。人質になったヒギンズ大佐は尋問、拷問の末に殺害されました。彼の正確な死亡日は不明です.

司法のための報奨プログラムは、これらの攻撃の首謀者を法の裁きにかける為の 情報に対して最高500万ドルまでの報奨金を提供します.

犠牲者

の写真 1985年、ウィリアム・バックリーが殺害される
1985年、ウィリアム・バックリーが殺害される
の写真 1986年、ピーター・キルバーンが殺害される
1986年、ピーター・キルバーンが殺害される
の写真 1989年、ウィリアム・ヒギンズが殺害される
1989年、ウィリアム・ヒギンズが殺害される