テロ行為
に関する情報

コバータワー爆破事件

サウジアラビア、ダーラン | 1996年6月25日

1996年6月25日、サウジ・ヒズボラが祭事アラビアのダーラン近くのコバータワー住宅施設に対するテロ攻撃を実行しました。当時、施設は米軍人の居住に使用されていました。施設の駐車場にプラスチック爆弾を満載したタンクローリーを乗り入れた直後、テロリストはそれを起爆させ、直近の建物をほぼ破壊しました。この攻撃で19人の米軍兵士と1人のサウジアラビア市民が死亡し、さまざまな国籍の372人が負傷しました.

2001年6月21日、バージニア州アレクサンドリアの連邦大陪審はその攻撃容疑で14人のテロリストを起訴しました。起訴状は、アフマッド・アル・ムガシル、アリ・エル・ホーリー、イブラヒム・アル・ヤコブ、アブデルカリム・アル・ナセルと他の数人をざまざまな訴因に基づいて告発しました。起訴状によると、14人のテロリストのうち9人は次のような訴因を含む46の別途の刑事訴因で告発されています:米国人および米国政府職員を殺害し、大量破壊兵器を使用し、米国資産を破壊するための共同謀議、爆破、および殺人.

司法のための報奨プログラムは、この攻撃の首謀者を法の裁きにかける情報に対して最高500万ドルまでの報奨金を提供します.