指名手配中
テロリストに裁きを下すための情報を求めています

ハーリド・サイード・アル=バタルフィ

最高 5 0 0万ドルまでの報奨金

ハーリド・アル=バタルフィは、イエメン・ハドラマウト県AQAPの幹部で、AQAP諮問評議会の元メンバーである。1999年アフガニスタンに移り、アルカイダのアル=ファルークキャンプでトレーニングを受けた。2001年、米国軍と北部同盟に対してタリバン側勢力で戦った。2010年、アル=バタルフィはイエメンのAQAPの一員となり、イエメンのアビヤン州を乗っ取るAQAP戦闘者らを率いて、AQAPアビヤン州の最高指導者とされた。2016年6月の米国軍の攻撃により AQAP最高幹部のナシル・アル=ウハイシが死亡後、アルカイダは米国の経済を破綻させ、米国のその他利潤を攻撃することを警告する旨の声明を発表した。

米国がイエルサレムをイスラエルの首都と認識すると発表後、2018年1月、アル=バタルフィはAQAPビデオに姿を現し、米国ならびにユダヤ人を脅迫した。2018年1月23日、米国務省は、執行命令13224に基づき、アル=バタルフィを特別指定国際テロリスト(SDGT)に指定した。

追加写真

al-Rimi and Batarfi English PDF
al-Rimi and Batarfi Arabic PDF
AQAP English PDF
AQAP Arabic PDF