テロ行為
に関する情報

ISIS拉致ネットワーク

米国務省の「正義への報酬プログラム」は、キリスト教聖職者であるマヘル・マフーウズ、マイケル・カヤール、グレゴリオス・イブラヒム、ボルス・ヤジギ、パオロ・ダッロリオを拉致したISIS拉致ネットワーク、あるいは人物たちに関する情報に最高500万ドルの報酬金を提供する。この報酬金は、米国のISISとの戦いにおける重要な節目で提供されるものである。宗教指導者の拉致は、ISISによる冷酷な戦術や罪のない個人を標的にすることの承認を証明している。

2013年2月9日、ギリシャ正教会神父マヘル・マフーウズ、アルメニア・カトリック教会神父マイケル・カヤールは、シリアのカフルンにある修道院に行くため公共バスに乗っていた。アレッポからおよそ30キロの地点で、ISISの過激派と思われる人物たちがそのバスを止め、乗客たちの書類を確認した後、バスからこの二人の神父を降ろした。それ以来、この二人は行方不明になっている。

2013年4月22日、シリア正教会大主教グレゴリオス・イブラヒムは、ギリシャ正教会大主教ボルス・ヤジギを車で迎えに行くため、シリアのアレッポからトルコに移動中であった。彼らがシリアのアルマンスーラ近辺の検問所に到着した際、数人の武装男性たちが大主教たちを待ち伏せして攻撃し、車を押収した。その後、聖職者たちを乗せた車の運転手は死体となって発見された。当初、大主教たちはアルカイダ系列組織であるアル=ヌスラ戦線とつながりのある人物たちによって拉致されたと考えられていたが、大主教たちはその後、ISISとしても知られているダーイッシュに移送された。

2013年7月29日、ISISはイタリア・イエズス会神父パオロ・ダッロリオをラッカで拉致した。神父ダッロリオはISISと面会し、神父マフーウズと神父カヤール、そして大主教イブラヒムと大主教ヤジギの解放を求める計画を立てていた。それ以来、神父ダッロリオの行方は分かっていない。

ISISは米国をはじめ、中東地域や世界中の同盟諸国やパートナーたちに対する重大な脅威となっている。米国は、このテロリスト集団による脅威を打倒しようとするイラクとシリアのパートナーたちによる試みへの支援を継続し、世界中のいかなる場所においても、ISISの安全な隠れ家を許さないグローバルな同盟との協力体制を維持していくものだ。ISISは2004年アブ・ムサブ・アル・ザルカウィによって「イラクのアルカイダ」、またはAQIとして建立された。このグループはその後、イラク・イスラム国として知られるようになった。

ISISはイラクとシリアで戦うため、世界中から何千という支持者を兵士として採用した。イラクとシリアで、ISISのメンバーたちは、組織的な言語道断たる人権侵害やその他の残虐行為を行なった。ISISのメンバーたちは、集団処刑、 児童の死傷、レイプ、人身売買、さらに個人やコミュニティ全体をターゲットにした暴力を実行した。ISISは、その支配地域におけるヤジディ教徒、キリスト教徒、シーア派イスラム教徒に対する集団虐殺を行い、さらにこれらの集団やスンニ派イスラム教徒、クルド人、その他の少数派に対して人道に対する犯罪と民族浄化を行なった。2013年4月、ISISの現最高指導者、アブ・バクル・アル・バグダディは公にイラク・イスラム国はISISの俗称として活動していたと発表した。2014年6月、ダーイッシュとしても知られているISISは、シリアとイラクの一部を占拠、支配し、自称カリフ制イスラム国家であると宣言した。近年、ISISは世界中のジハード主義者集団と過激化した個人たちからの忠誠を獲得し、米国内での攻撃を喚起している。

追加写真

ISIS Kidnapping Networks - English
ISIS Kidnapping Networks - French
ISIS Kidnapping Networks - Kurdish
ISIS Kidnapping Networks
Mahfouz
Kayyal
Gregorios
Yazigi
Paulo