指名手配中
テロリストに裁きを下すための情報を求めています

アブデルカディル・モハメド・アブディルカディル

最高 3 0 0万ドルまでの報奨金

イクリマという名でも知られるアブデュルカディル・モハメド・アブデュルカディル(Abdelkadir Mohamed Abdilkadir)は、1979年にケニアで生まれた。アル・シャバブを指導する立場にあり、また同グループの実行計画を立案する。

アル・シャバブは2006年後半にソマリアの南部および中央部の大半を占拠した、ソマリア・イスラム法定会議を脅かす民兵グループである。当グループは、ソマリア政府当局者およびソマリア暫定連邦政府 (TFG)の支持者と目される人物を主に標的とした、モガディシュ(Mogadishu)ならびにソマリア中央部と北部における数多くの爆弾テロ−これには様々な自爆テロ攻撃も含まれる− に関与していることを宣言した。アル・シャバブは2010年7月11日にウガンダのカンパラ(Kampala)で発生した2発の自爆テロの主犯であることを表明した。このテロ攻撃でアメリカ市民1名を含む70名が死亡。またソマリアの平和活動家、国際援助活動家、数多くの市民社会の大物、そしてジャーナリストたちが当グループによって暗殺されている。

2008年2月26日、米国務省は移民国籍法(改正法)の219項に基づきアル・シャバブを外国テロ組織に指定し、2008年2月29日には大統領命令13224号のもと、特別指定グローバル・テロ組織と認めた。2012年2月、アル・シャバブとアルカイダは正式な盟約を結んだことを表明した。