成功例

ハムシラジ・マルシ・サリ

死亡

アブサヤフ・グループの司令官兼グループ指導者のハムシラジ・サリは2000年8月のジェフリー・シリングの誘拐と2001年5月のドス・パルマス誘拐事件に加担しました.

2000年8月28日、アブサヤフ・グループ(ASG)はジェフリー・クレイグ・エドワード・シリングという名前の米国市民を誘拐しました。ASGはシリング氏の代償として、1000万ドルと米国刑務所から3人の国際テロリストを釈放することを要求しました。この3人とは、アルカイダ要員のラムジ・ユセフとワリ・カーン、そしてエジプトのテロ集団であるアル・ガーマト・アル・イスラミヤの精神的指導者である「盲目のシャイフ」でした。2001年4月12日、ジェフリー・シリングは首尾よく自分を捕らえていた者達から逃れ、米国に帰還しました.

2001年5月27日、ASGはフィリピンのパラワンのドス・パルマス・リゾートから3人の米国市民を誘拐しました。3人の米国人は、ギレルモ・ソベロと米黒人宣教師夫婦マーチン、グラシア・バーンハムであることが確認されました。2001年6月11日に、ASGのスポークスマンであるアブ・サバヤが、フィリピンのグローリア・マカパガル・アロヨ大統領のための「誕生日のプレゼント」としてギレルモ・ソベロを処刑したと公言しました。2001年10月7日にバシラン島から人間の頭蓋骨が回収され、それはギレルモ・ソベロのものだと確認されました。2002年6月、マーチン・バーンハムがフィリピン軍兵士とASGの間の銃撃戦で死亡しました。グラシア・バーンハムは負傷しましたが、救出され、米国に帰還しました.

2002年2月に、サリは次のような訴因で、コロンビア特別区連邦大陪審により起訴されました:死をもたらす共同謀議、人質獲得、および死をもたらす人質獲得について3訴因.

サリの居場所の確認につながる情報に対して100万ドルの報奨金が支払われました.