指名手配中
テロリストに裁きを下すための情報を求めています

ハマッド・エル・カアーリー

最高 5 0 0万ドルまでの報奨金

ハマッド・エル・カアーリーは東アフリカのムーブメント・フォー・ユニティ・アンド・ジハッド(MUJWA、またはMUJAO かTWJWAでも知られている)のリーダーおよび創設メンバーである。カアーリーのリーダーシップの下、MUJWAのメンバーは誘拐計画、テロ攻撃、外交官の誘拐を実行してきた。カアーリーは、MUJWAの映像で組織に反対する者に対する脅迫を行っていたとして、2012年4月にマリ共和国で起こったアルジェリア人外交官7名に加担したとされている。2012年1月、カアーリーは、MUJWA の目標が「東アフリカ全体にイスラム法を強要する」ことであると述べた。

カアーリーがMUJWAでリーダーとしての役割に就く前は、AQIMのメンバーとしてモーリタニアに反するテロ計画を行っていた。2011年10月には、アルジェリアにおいてヨーロッパからの国際救護員3名の誘拐を指示し、うち2名が銃撃戦で負傷した。2012年12月7日のエグゼクティブ・オーダー13224の従事テロリストとして指名されていた。

MUJWAは2011年9月、テロ行為をさらに東アフリカに広める目的で、アルカイダ・イン・ザ・イスラミック・マグレブ(AQIM)の分派グループとして創設された。 MUJWAは、これまで様々な攻撃や誘拐を行っており、その中には2012年3月にアルジェリアのタマンラセトで23名の負傷者を出した特攻攻撃も含まれる。MUJWAはまた、カナダ大使と国連外交官のロバート・フォウラーを誘拐したとされている。アメリカ合衆国は、MUJWA を2012年12月7日にグローバルテロリスト団体、国連アルカイダ認可委員会がMUJWAを2012年12月5日にAQIMと関連していると特別指定した。