指名手配中
テロリストに裁きを下すための情報を求めています

ハーフィズモハマド•サイード

最高 1 0 0 0万ドルまでの報奨金

ハーフィズ・モハマド•サイードは、アラビア語および工学の元教授、ならびにイスラエルの過激派組織でイスラムの規制をインド一部およびパキスタンに設置しようとするジャマット・ウド・ダワ組職、軍事所であるラシュカレ・タイバの創始メンバーである。サイードには、アメリカ市民6名を含む166人の死者をもたらした2008年ムンバイ攻撃など、数多くのテロ攻撃を画策した疑いが持たれている。

インド共和国は、2008年のムンバイテロ攻撃についてサイードに対してインターポール・レッド・コーナーの通知を発行した。また、米国財務省は、大統領令13224の下、サイードを特別指定国民に指定した。サイードは、2008年12月に国連安保理決議1267の下、国連が個人指定を行った。

2001年12月、ラシュカレ•タイバは外国テロ組織として指定された。 2008年4月には、米国がジャマット・ウド・ダワを外国テロ組織として指定、2008年12月国連は同組織をにテロ組織を宣言した。