テロ行為
に関する情報

米外交団車両爆破事件

1997年11月12日

1997年11月12日の朝、パキスタンのカラチで4人のユニオン・テキサス石油(UTP)従業員が職場に出勤する 途中でした。彼らのステーションワゴンが橋を渡ろうとする時、2人のガンマンが赤のホンダ・シビックから飛び出してきて、自動車に向けて発砲しました。4人の米国人全従業員とパキスタン人の運転手はこの攻撃で殺害されました.

多くの観測者は、この攻撃を丁度2日前にあったミル・アイマル・カンシの有罪判決に対する報復とみています。ただこの理論は公式には確認されていません。カンシは1993年のバージニア州ラングレーのCIA本部の外でのCIA職員2人の殺害容疑で有罪判決を受けました.

司法のための報奨プログラムは、この攻撃の首謀者を法の裁きにかける情報に対して最高500万ドルまでの報奨金を提供します.

犠牲者

の写真 ウィリアム・ジェニングス
ウィリアム・ジェニングス
の写真 トレイシー・リッチー
トレイシー・リッチー
の写真 ジョエル・エンロー
ジョエル・エンロー
の写真 エフライム・エグブ
エフライム・エグブ