指名手配中
テロリストに裁きを下すための情報を求めています

フアド・モハメド•カラフ

最高 5 0 0万ドルまでの報奨金

フアドモハメド・カラフ(フアド・ションゴル)はアルシャバブへの財政支援の促進を行ってきた。2008年5月、ソマリアのキスマヨにあるモスクで、アル•シャバーブの為に募金イベントを2件開催した。 2008年4月、カラフおよびその他の機関が、ソマリアのモガディシュにおいて、エチオピア軍基地と暫定連邦政府(TFG)の車両媒介爆発装置への攻撃を指示した。 2008年5月、カラフと戦闘機のグループが襲撃し、モガディシュの警察署を捕獲し、何名かの兵士を殺傷。 2010年4月、米財務省は、カラフをソマリアの暴力および治安悪化に貢献したとして大統領令13536の下に指定した。

アルシャバブは、2006年後半において、ソマリア南部の大半を引き継いだイスラム法廷評議会の過激派であった。アルシャバブは、南部と中部ソマリアでその暴力的な反乱を続けてきた。同グループは、多くの爆撃に対して責任追及を問われてきた。多数の自爆攻撃の中には、インモガディシュ中央およびソマリア北部において、ソマリア政府当局者とソマリア暫定連邦政府(TFG)を標的にした事件も含まれている。アルシャバブは、2008年10月に起きた自動車爆破テロにおいて、ソマリア北部の2都市を同時に攻撃し、少なくとも26人が死亡、29人が負傷している。アルシャバブはまた、2010年7月11日にウガンダのカンパラで起きた2件の自爆テロを行ったとして、アメリカ人を含む70名以上の死者を出した。グループは、ソマリアの平和活動家、国際援助労働者、多数の市民社会関係者、ジャーナリストの暗殺も行った。 2012年2月に、アル•シャバーブとアルカイダは、提携を正式に発表した。

2008年2月26日、米国国務省は、移民国籍法219条の下、アル•シャバーブを外国テロ組織(その後の改正を含む)に指定、2008年2月29日に大統領令13224の下、特別指定グローバル・テロリスト組織として指定した。