指名手配中
テロリストに裁きを下すための情報を求めています

外国による選挙への干渉

米国国務省の正義への報酬(RFJ)プログラムは、外国政府の指示のもとまたはその管理下で行動している間に、第18編の第1030条に違反して米国連邦政府、州、または地方の選挙に干渉する人物の特定または場所につながる情報に対して、最大1千万ドルの報酬を提供しています。選挙または選挙運動のインフラストラクチャーを標的とした特定の悪意のあるサイバー活動は、不正なコンピューターへの侵入およびコンピューターに関連する他の形式の不正を犯罪と定めるコンピューター犯罪取締法(18 U.S.C. § 1030)に反する可能性があります。この法律は他の犯罪に加え、情報の取得および許可のない受信者への送信を目的としたコンピューターへの不正アクセスを禁止しています。

選挙および選挙運動のインフラストラクチャーへの不正アクセスによるものを含む、米国の選挙に対する国民の信頼を妨害または弱体化する人物および外国の勢力の能力は、米国の国家安全保障および外交政策に対する異常かつ並外れた脅威とみなされます(大統領令第13848号、2018年9月12日)。例えば、外国の敵対者が有権者登録データベースや投票機などの選挙のインフラストラクチャーを狙った悪意のあるサイバー活動により、米国の選挙を妨害する可能性があります。このような敵対者は、米国の政治組織または選挙運動に対して悪意のあるサイバー活動を行って機密情報を盗み、政治組織または候補者を弱体化させるための影響力操作の一部としてその情報を漏らす可能性もあります。

追加写真

外国による選挙への干渉