成功例

エドガー・ナバロ

死亡

2003年2月、米国機がコロンビアのジャングルに墜落した時、乗っていたトーマス・ホウェス、キース・スタンセル、マーク・ゴンサルベスがFARCにより人質にされました。FARCとその共謀者は、人質獲得の共同謀議の一環として、航空機に乗っていた他の2人、米国市民であるトーマス・ジャニスとコロンビア国民であるルイス・アルシデス・クルス軍曹を殺害しました.

2003年10月19日に、コロンビア革命軍(FARC)のテオフィロ・フォレロ機動部隊(TFMC)司令官エドガー・グスタボ・ナバロ(別名エル・モチャオ)がコロンビア軍との銃撃戦で殺害されました。ナバロ殺害は3人の情報提供者によって可能になり、その3人は報奨の可能性が動機になって、コロンビア軍兵士を対決が行われたTFMCキャンプに先導しました。2004年4月に、情報提供者にはエドガー・ナバロの死につながった情報を提供した支援に対して30万ドルを支払われました。ナバロは上記の3人の米国人の誘拐に関与した容疑をかけられていました.

1997年以降、米国務省はFARCを外国テロ組織に指定してきました。FARCは、自分達と見解を異にする国家、政府、個人に対して、武力、暴力やその他の犯罪活動を行使して反対しようとしています。少なくとも1960年代初期以降、FARCは暴力的な反米組織であり、1998年3月には全ての米国政府職員は合法的な軍事標的であると述べて、米国の利権に敵対して活動してきました。麻薬取引に加えて、FARCは、コロンビアや近隣諸国で働く、あるいは事業活動する米国市民を、恐喝、誘拐、殺人を通して標的にしてきました.