テロ行為
に関する情報

観光客攻撃

ウガンダ、ブウィンディ国立公園 | 1999年3月1日

1999年3月1日、ウガンダのブウィンディ原生国立公園で、100人のインテラハムウェ兵士の一団が無防備の観光客と案内人を攻撃しました。インテラハムウェは、1994年にツチ族に対するルワンダ大量虐殺を実行した若いフツ族男性の集団により結成された自警団的組織です.

ブウィンディ公園での攻撃で、数個の見学グループが攻撃され、人質に取られ、コンゴ民主主義共和国に向かって行進させられました。ウガンダ人ポール・ロス・ワガベは生き埋めにされました。米国人スーザン・ミラー、ロバート・ホーブナーを含む8人の被害者は殴り殺されました.

この攻撃中に、米国パスポート、米国運転免許証、シチズンの女性用潜水用腕時計、東芝ポルトゴのノートパソコンなど多くの品物が観光客から盗まれました.

司法のための報奨プログラムは、この攻撃の首謀者を法の裁きにかける情報に対して最高500万ドルまでの報奨金を提供します.