テロ行為
に関する情報

米国市民の殺害および誘拐

コロンビア | 2003年2月

2003年2月13日、コロンビアのカクエタで、麻薬対策の任務で飛行していた米国政府航空機が胴体着陸しました。コロンビア革命軍(FARC)として知られるコロンビアの左翼反政府グループの要員が、米国市民トーマス・ジャニスとコロンビア軍軍曹ルイス・アルシデス・クルスを殺害しました。反政府勢力はまた同じ航空機に乗っていた他3人の米国市民、マーク・ゴンザルベス、トーマス・ハウエス、キース・スタンセルを人質にしました.

司法のための報奨プログラムは、この攻撃の首謀者を法の裁きにかける情報に対して最高500万ドルまでの報奨金を提供します.

この報奨は、FARCのテオフィロ・フォレロ機動部隊の司令官とカルロス・アルベルト・ガルシア・カメルゴ(別名ヘルミデス・ブイトラゴ、別名エル・プライサ、別名オスカル・モンテロ)、マーリー・ユルリー・カペラ・クエザダ(別名ラ・ピローサ)およびペドロ・ゴンザレス・ペルドモ(別名アルフレド・アレナス、別名イグナシオ)を含む他のFARC要員を対象とするものです.