成功例

指名手配懸賞金制度は、国際テロの阻止、もしくは過去のテロ活動にかかわった者の逮捕に貢献する情報の100名を超える提供者に対して1億5千0百万ドルを超える懸賞金を供与してきました。

情報を進んで提供する勇敢な人達は、テロ攻撃の防止と解決をも助けました:

  • RFJは2019年に中東においてISISの重要な指導者に正義をもたらすため数百万ドルの支払いをした。
  • 湾岸戦争中に、勇敢な情報提供者が東アジアの国で計画されていた一連のテロ攻撃に関する警戒すべき情報を進んで提供しました。テロリストはすでに、意図する標的を下見調査し、自動銃、手投げ弾、爆弾を集めていました。計画されたこの攻撃の第1撃が行われる丁度48時間前に、この情報提供者はテロ攻撃の計画を阻止する上で重要な情報を提供したのです。攻撃は阻止され、その若者は相当額の報奨金を受け取り、その家族は安全な場所に転居しました。情報の提供により、この人物は何百もの人命を救ったのです.
  • 別の事件では、若い女性が、旅客機をハイジャックし乗客を残虐に殴った者達に関する情報を進んで提供しました。彼女は、「正当な裁きが行われることを強く願った」と語りました。ハイジャッカーのリーダーは米国に送還され、飛行機乗っ取りの起訴事実に基づいて収監されています。その若い女性はテロと戦う努力に対して報奨を受けました.
  • 外国大学の学生である別の若い女性は、米外交官の残虐な暗殺を目撃しました。彼女が提供した情報の結果、2人の攻撃犯が終身刑の判決を受けました。その学生と家族は安全な場所に転居し、相当額の報奨金を受け取りました.